youth = 32 = 社長の年齢

代表挨拶

「島を買って国を作る」

 

当時23歳の青年が描いた夢です。島の資金を作るために飲食店を始めよう。そんな理由で1台の屋台から事業をスタートさせました。その屋台は青年にとって夢への懸け橋としては十分すぎるものでした。何故なら夢の実現はすべて小さな一歩の積み重ねの結果だと思っていたからです。青年の夢にたくさんの仲間が賛同し、またそれぞれ自分の夢を持った仲間が集まってきました。「この場所なら自分の夢を叶えることが出来る!」と。それから時が経ち、小さな一歩の積み重ねの結果200店舗を超える飲食店を有する事業体に成長しました。それが現在のサブライムグループです。

 

サブライムグループは今後どこを目指すのか。設立10年の節目を前に、原点に立ち返り考えました。サブライムグループの創業の思いは「遊び心を忘れず日々挑戦する」「人との繋がりに感謝し共に成長する」「仲間の夢を応援する」。これからのサブライムグループは「創業の思い」にリンクした事業を展開していこう。そう決めました。サブライムグループが今後展開する事業の柱は、島事業、外食事業、投資事業の3つです。創業理由である島事業は「遊び心を忘れず日々挑戦する」ために、外食事業は「人との繋がりに感謝し共に成長する」ために、投資事業は「仲間の夢を応援する」ために。この3事業をサブライムグループの事業の軸とし、グループ一丸となって日本一の複合型飲食企業を目指していきます。

 

サブライムグループは今年で創業10周年を迎えます。今期は、サブライムグループの変革の年。本物の和食を世界に広めることを目的としたヨーロッパでの100店舗展開事業や、将来の島事業への一歩目である、町をまるごと巻き込んだオーベルジュ事業、世界で一番の料理店を作ることを目標とする高級料理事業。これらをスタートさせます。

 

10年前に1台の屋台から始まったサブライムグループですが、本当にたくさんの方々のご支援のお陰で10年目を迎えることが出来ました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

僕たちはこれからも関わる皆様が「ワクワク」することに全力で取り組んで参ります。

 
「日々是冒険」

 

一度しかない人生、冒険心を忘れず未知なる宝を発見し、仲間と共に人生という楽園を彩ろう!

2015年6月 株式会社subLime
代表取締役 花光雅丸